看護部のご紹介

明日(あした)の命をささえる輝きの看護実践

看護部理念

看護部長「私たちは生命(いのち)を大切にし、常に患者様から学び、専門性を高め、継続性のある看護を目指します。」としています。

看護は、日々の生活の営みの中で生まれました。私たちは、ナイチンゲ-ルの看護覚書を看護論として採用し、施設作りにも看護論を活かしています。人は口から食べ、自然な排泄をできることで健康を回復していきます。そして、太陽の暖かい陽(ひ)の光の恵みを受け、健やかさを取り戻します。

image

看護の喜び

それは、満足できる看護を受けた患者さまの笑顔を見れた時。

看護

kako-uCEVh3Nnwjfrkv7zそれは、人として暮らし、家庭や社会で豊かに生きていけるように患者様を援助する行為です。私たちは、この喜びを手にするためにがんばっています。

患者さまは、自分らしく生きるためにどうしたいのか? 受けるべき治療を理解・納得でき、選択しているのでしょうか?

あなたも、患者さまの抱える痛みや苦しみ・不安を傍に寄り添い、ともに、少なく、軽くできるよう、支援していきませんか?

私たちは、生命(いのち)に誠実に向き合いたいと思っています。

患者さまに言われたらうれしい。

「あなたを待っていた。」
「あなたに話したかった。」

私は、命に誠実に向き合いたいと思います。
ハラハラドキドキ・切なさ・穏やかな笑顔・・・

看護を続けていく私たちは、きっと心が震えるような出来事をいくつも経験するでしょう。
ここから、いっしょに、あらためてその一歩を始めませんか?